流行語)の意味-【送料無料6本入りセット】島の華 35度 1800ml 八丈島 edzh5268275-その他

グレンファークラス 1977 フォースフィル ホグスヘッド ファミリーカスク 45.3度 700ml
明眸 純米大吟醸 720ml x 12本 [箱入] [ケース販売] 送料無料※(北海道・四国・九州・沖縄別途送料) [関谷醸造/愛知県 ]

流行語)の意味-【送料無料6本入りセット】島の華 35度 1800ml 八丈島 edzh5268275-その他

暇だからトレンディなエンジェルに祝福されてきた

「大丈夫?顔色が悪いよ」 「え?…あ、大丈夫です……すいません」 気が付くと守衛さん…

小説すばる11月号にコラムが載りました

「小説すばる」という文学雑誌に、朝起きてから眠るまでの一日の過ごし方を書くエッ…


処分品
 島の華について

 樫立酒造株式会社の創業は大正14年(1925)であり、平成9年 5月より蔵を最新の設備に整え、蒸留が焼酎の出来を大きく左右するという考えから、特注で銅製のポットスチールを設置し、麦を原料とし華やかさの中に風土で育まれた、うまさを残した 本格焼酎の製造を目指しています。

 島の華ブランドの由来

 花が好きだった、2代目社長、笹本玉男が工場敷地の周辺に植えられている、椿の花を見て考えられたと言われています。そのため、ラベルには椿の花がデザインされています。  

 焼酎と島の華

 日本が世界に誇る蒸留酒、「焼酎」。そのルーツは14世紀後半、中国、朝鮮、シャム、ジャワ等でその頃盛んに造られていた蒸留酒の製造技術が琉球に渡り、薩摩へ伝わったと考えられています。

 その後、沖縄、鹿児島を発祥とした蒸留酒は日本各地へと伝わり、その先々で芋、麦、黒糖、米など地元の特産物をベースにした様々な焼酎が生み出されていきました。焼酎は素材の多様さや発酵技術の高さなど、世界に例のない酒の傑作と言えるでしょう。実はそんな本格焼酎のルーツ的産地のひとつが東京都下にあります。

 緑濃い都の島、伊豆諸島です。伊豆諸島には12軒の焼酎の蔵元があり、そこで生まれた焼酎を島々の人は感謝と愛情を込めて「島酒」と呼びます。中でも八丈島は伊豆諸島の焼酎発祥の地。

 幕末の嘉永6年(1853年)、藩命による密貿易の罪を一身に背負って八丈島に流された薩摩藩御用の廻船問屋、丹宗庄右衛門によって伝えられた芋焼酎がその起源となりました。その後、試行錯誤を繰り返し、島の風土に培われ「島の華」は完成されていったのです。

 今では島の人々だけでなく、島を訪れる観光客や釣り人やダイバー達に土産品としても人気の高い「島の華」。素朴でありながら味わい深い......その飲み口は、八丈島に暮らす人々の気質、島の空気そのものなのかもしれません。


【送料無料6本入りセット】島の華 35度 1800ml 八丈島

秋だからキャラメルリンゴシロノワールを食べてみた

面白い」と子どもにはもちろん親にも大人気の両紙

午前4時にコンビニに入ると深夜バイトの男性店員同士が「シュワッチ!!」とか言いなが…

プロフィール
注目記事

リンクされた方の責任および費用で処理してください 美・フェイスナビゲーター , 2020 All Rights Reserved.